2021
いつもうしろ姿のあの子
大きな木の下で①
なんていうか夏って感じ
なにもないから上に行く
重なり合い重みを増し、時が経ち薄くなる。ふとんの話
ひまつぶしの方法
慎ましく生きる
かげふみ
働く洋服
あの子の名前
消えない線
暑い日の中で
KEIOと花
光の子
地球からわきでている
紅白戦
多摩川で見た夏空
自然と少女A
明日また
地平線の先、明日
そしていつの間にか静寂を与えた
トーキックでどこまでも
夕暮れの木
ひまわり
行き先は空
大きな木の下で②
空を泳ぐ鳥
新宿の旅
多摩センターの空へ
みち
散歩
新宿の光
サンドイッチが食べたいお昼
なんか好きなんです
動物とこども
いのち
喜怒哀楽と思い出たち
映えるものとはこのことか とても綺麗なもの
父の背は太陽とおなじだった
皆、海の先を見る。幸せが見える。
夜のお花畑
ただただかわいいそれも写真だし
上を向いて飛ぶ鳥、羽がすくまないように
お姉ちゃんは足早に歩き、弟はつま先を見た
ザクロの木陰
ここで待ってるよ
メリーゴーランド
東京モネ
今度会ったらあげるんだ
行列にいそぐ人
隣の子が持ってきたゲームと前の子が持ってきたサッカーボール
おじいちゃんと孫とおばあちゃん
消えないくらげ
傘と8月の光
大きな木の下で③
お花とボク
忘れることのないように
新宿の愛
なのもないから空を見る
大自然の中にある小さなささやき
眩しくとも見る明日
夏休み
窓を少し開けてみた
ここを全部飲み込めよと願った
夕暮れが素敵だと思った、たぶん
おとこ
お花畑
ペダルをこいだら、多分、ぜったい、幸せ
なんとも幸せそうで!
人と違うことを笑う
いつでもおかえりって言えるように
朝の公園の過ごし方
2021
いつもうしろ姿のあの子
大きな木の下で①
なんていうか夏って感じ
なにもないから上に行く
重なり合い重みを増し、時が経ち薄くなる。ふとんの話
ひまつぶしの方法
慎ましく生きる
かげふみ
働く洋服
あの子の名前
消えない線
暑い日の中で
KEIOと花
光の子
地球からわきでている
紅白戦
多摩川で見た夏空
自然と少女A
明日また
地平線の先、明日
そしていつの間にか静寂を与えた
トーキックでどこまでも
夕暮れの木
ひまわり
行き先は空
大きな木の下で②
空を泳ぐ鳥
新宿の旅
多摩センターの空へ
みち
散歩
新宿の光
サンドイッチが食べたいお昼
なんか好きなんです
動物とこども
いのち
喜怒哀楽と思い出たち
映えるものとはこのことか とても綺麗なもの
父の背は太陽とおなじだった
皆、海の先を見る。幸せが見える。
夜のお花畑
ただただかわいいそれも写真だし
上を向いて飛ぶ鳥、羽がすくまないように
お姉ちゃんは足早に歩き、弟はつま先を見た
ザクロの木陰
ここで待ってるよ
メリーゴーランド
東京モネ
今度会ったらあげるんだ
行列にいそぐ人
隣の子が持ってきたゲームと前の子が持ってきたサッカーボール
おじいちゃんと孫とおばあちゃん
消えないくらげ
傘と8月の光
大きな木の下で③
お花とボク
忘れることのないように
新宿の愛
なのもないから空を見る
大自然の中にある小さなささやき
眩しくとも見る明日
夏休み
窓を少し開けてみた
ここを全部飲み込めよと願った
夕暮れが素敵だと思った、たぶん
おとこ
お花畑
ペダルをこいだら、多分、ぜったい、幸せ
なんとも幸せそうで!
人と違うことを笑う
いつでもおかえりって言えるように
朝の公園の過ごし方
1 0